おすすめの血糖値対策で糖尿病予防

血糖値を下げるために効果的なサプリ・青汁の併用習慣を始めよう!

「ピニトール」と「難消化性デキストリン」を同時に利用する意味~高血糖のより効果的な改善をするために~

当サイトで紹介している、「グラシトール」と「ヘルスマネージ大麦若葉青汁」

それぞれが「ピニトール」と「難消化性デキストリン」という、特徴的な成分を配合しています。

 

そしてどちらもが、現代の高血糖の改善のための働きかけとして

効果的とされている、主要成分と言えるものでもあります。

 

そして注目すべき点が、これら2つは

  • 血糖値の減少を助ける(ピニトール)
  • 血糖値の上昇を抑える(難消化性デキストリン)

 

という、異なる角度から働きかけることができる成分であり

効果が被るものではないということになります。

 

つまり、その両方を利用することによって

より効果的な血糖値への、働きかけができることと言えるのです。





 

最初は自分の状態に合ったものからだが

 

当サイトで紹介する、1つのアイテムは

可能であれば同時に・一緒に試して欲しいアイテムと言えます。

 

血糖値に不安を抱えた方にとって、血糖値の減少のサポート・上昇の抑制は

いずれにしても、メリットの多いことと言えます。

 

しかしながら、こういった特別なサプリ・アイテムを試す際には

経済的な事情といったことから、どちらか1つから始めることが一般的です。

 

そのため、自分に合っている方から始めるべきと言えますが

医師ではない人が、的確に判断することは難しいと言えます。

 

定期的に健康診断を受けることが、生活習慣病をはじめとした

各種トラブルを早期発見する、何よりの方法であることは言うまでもありません。

 

あくまで一例として、

  • すでに高血糖の傾向があるのであれば、「グラシトール」から
  • 血糖値に対して不安を持ち始めたのであれば「ヘルスマネージ大麦若葉青汁」

 

基本的には、この順番で試し始め

どこかのタイミングで、同時に利用してみて欲しいと思います。

 

「どちらか1つ」なら「グラシトール」がおすすめ

 

「トクホ(特定保健用食品)」を含めとした、いわゆる健康食品と呼ばれる

何らかのアイテムを試しているという人が、多い時代でもあります。

 

それと同時に、様々なアイテムが開発・販売されており

難消化性デキストリンは、特に注目されているアイテムでもあります。

 

しかしながらピニトールに特化したアイテムというのは、「グラシトール」しか存在せず

ドラッグストア等で購入できる、一般的なサプリは存在しないことが現実です。

 

そのため、<どちらがいいか分からないけど>という場合には

「グラシトール」を試してみることがおすすめと言えます。

 

難消化性デキストリンを配合したアイテムは、

「ヘルスマネージ大麦若葉青汁」以外も存在するため

代替品を利用することも、1つの手段と言えます。

 

「グラシトール」の詳しい解説はこちら

 

適切に・交互に・1回毎の量を減らす

 

こういったアイテムを、併用して利用する際に

注意すべき点として、「過剰摂取」の問題があります。

 

ピニトールと、難消化性デキストリンというのは

その効果が被るものではなく、同時に摂取したからといって

それぞれの効果が、倍増することになりません。

 

お互いに足りない部分を補うことで、より効果的になるとも考えられます。

 

しかしながら、基本的には<1回につきどちらかのみ>

もしくは、<容量の半分ずつ>が適切であると言えます。

 

いずれのアイテムも、医薬品ではないため「ダメ」ということはなく

またサプリである時点で、「副作用」は基本的にはないものです。

 

しかしながら、特に難消化性デキストリンは

栄養素の「吸収」に影響を与えるものであり、より安全に利用するためにも

併用の際には<やや減らす>ことを、意識しておくべきとも言えます。