おすすめの血糖値対策で糖尿病予防

血糖値を下げるために効果的なサプリ・青汁の併用習慣を始めよう!

「難消化性デキストリン」の代わりとなる・似た働きをする成分~「イヌリン」や「サラシア」の効果も利用する~

血糖値が上がること自体が、血糖値上昇の根本的なリスクであることは

糖尿病へと至るメカニズムを考えれば、当然であり、同時に見逃しがちなことです。

 

食事をすることによって、例外なく血糖値は上昇するものであり

その際に分泌される「インスリン」が、過剰になることの繰り返しによって

少しずつインスリンにまつわる要素が、本来のパフォーマンスができなくなり

食後ではない、通常時の高血糖も高いものとなる傾向があります。

 

そして、その食事量(ブドウ糖・エネルギーの量)が多いほどに

状況は悪化しやすいく、その繰り返しによって徐々に決定的なものとなっていきます。

 

血糖値が高くなっている状態では、どうしても「下げる」ことを目的としがちですが

毎食事ごとに必ず起きる、食後血糖値の上昇を抑えることこそが

インスリンの過剰分泌・機能疲労を、避けることにつながるのです。

 

一気に広まった「難消化性デキストリン」

 

血糖値対策のみならず、生活習慣病全般への取り組みとして

近年のブームとも言えるものに、「抑制する」というキーワードがあります。

 

抑制する対象の中心としては、やはり血糖値・中性脂肪等

また「血中脂肪」といった、血液血液に関わるものが目立ちます。

 

これらの成分を配合した食品は、「トクホ(特定機能性食品)」と呼ばれ

近年急激に種類を増やしているジャンルであり、一度は目にしたことのある方も多いはずです。

 

当サイトでは、血糖値の上昇を抑えるための成分として

「難消化性デキストリン」に注目し、難消化性デキストリンを配合した「青汁」紹介しています。

 

「ヘルスマネージ大麦若葉青汁(難消化性デキストリン)」の解説ページへ

 

しかしながら、難消化性デキストリン以外にも

同じ目的のために利用できる成分、それを配合したアイテムは存在します。

 

ここでは、その中でも知っておくべき・利用を検討すべき成分として

「サラシア」と「イヌリン」について、解説しておきたいと思います。

 

「サラシア」とは

 

今となっては、難消化性デキストリンを配合したアイテムはたくさんありますが

難消化性デキストリンが広まるまでは、サラシアが血糖値上昇の抑制の主役でした。

 

サラシアは東南アジア原産の植物名であり、はるか昔から健康目的で利用されてきた食材であり

いわゆる「漢方」と考えることもできる成分であり、日本においても愛用者が多いものでもあります。

 

サラシアの素である「サラシノール」が、糖の吸収を抑制することで

結果的に血糖値の上昇を抑えることにつながる成分です。

 

現在では、昔ながらの「すりつぶしたものを」ということよりも

「サプリ」での利用が一般的であり、その種類も幅広いものですが

サラシアの摂取を目的とするのであれば、「サラシアプラス」がおすすめです。



 

サラシアは糖の吸収だけでなく、脂肪の吸収を抑える働きもあるため

基本的に「メタボ」と呼ばれる体型の方に、ぴったりの成分・アイテムと言えます。

 

「イヌリン」とは

 

サラシアと非常に似た働きを果たす成分に、イヌリンがあります。

 

「菊芋(きくいも)」という芋の品種に含まれる成分であり

サラシアと同じく糖の吸収を抑えることで、血糖値の急上昇リスクに働きかけることができます。

 

イヌリンは難消化性デキストリンと同じく、比較的新しい成分であり

また菊芋がそれほど食卓に上がることのない(保存などが難しいため)ことから

やはりサプリでの摂取が現実的な方法であり、また人気のあるアイテムでもあります。

 

自分に合う成分を見つけて試してみる

 

「血糖値を上げない」という考え方は、実は新しいものではなく

以前から取り組んできた人も多いものでもあります。

 

そのための有効成分として、

  • 難消化性デキストリン
  • サラシア
  • イヌリン

 

以上の3つの選択肢が存在し、基本的な効果・目的は似たようなものと言えますが

人によって<どれが合うか>ということは、一概には言えないものでもあります。

 

同時に利用する必要がありませんが、どれも一度は試してみて

自分に合っていると感じるものを、採用して欲しいと思います。

 

当サイトでは、難消化性デキストリンを配合した

「ヘルスマネージ大麦若葉青汁(難消化性デキストリン)」を紹介していますが

この青汁を利用しつつ、他の成分も取り入れてみることもおすすめです。