おすすめの血糖値対策で糖尿病予防

血糖値を下げるために効果的なサプリ・青汁の併用習慣を始めよう!

血糖値の正常化は毎日の食事の基礎的な内容を変えることから始めよう

先天的なインスリンの分泌不全が原因である、「1型糖尿病」とは異なり

「2型糖尿病」は、積み重ねてきた生活習慣・食生活によって

インスリンの分泌不全・機能不全を起している状態です。

 

しかし、インスリンが全く機能していない1型糖尿病と違い

少しでもインスリンの分泌・機能が<まだ生きている>2型糖尿病は

食事療法・運動療法によって、改善・進行を遅らせることがができます。

 

しかし、それよりも、もっと重要な対処法は

インスリンの分泌を正常化させる、正常な状態に戻す・近づけることです。

 

それこそが糖尿病克服のための、最も重要であり根本的な手段になります。

 

「制限」意外にも血糖値対策は存在する

 

食事療法というと、「制限」というイメージがありますが

それと同じく、内容も非常に大切になります。

 

むしろ「制限」よりも、効果的な栄養素を「摂取」する方が効果的な場合もあります。

 

たんぱく質で食後の血糖値上昇を穏やかに

そもそも、インスリンの分泌・機能が破壊されてしまう原因は

 

食後に急激に血糖値が上がり

↓ ↓ ↓

それをコントロールするため、大量のインスリンが分泌される

 

この一連の過程の繰り返しです。

 

暴飲暴食によって、以上の現象が繰り返されることによって

段々と機能不全に陥り、分泌する機能も破壊されてしまう訳です。

 

よって、食後に急激に血糖値が上がるのを防ぐことが

インスリンの機能を壊さないために重要なことになります。

 

そして、その鍵は「たんぱく質」が握っています。

 

「たんぱく質」でインスリンを活性化

 

たんぱく質は、インスリンの分泌をサポートし
糖尿病改善の効果が期待できることが分かっています。

 

特に「ホエイプロテイン」と呼ばれる、

乳酸菌を発行する際に生じる「乳性」に含まれるたんぱく質は

インスリンの分泌を刺激する効果があることが分かっています。

 

また減ってきてしまった、インスリンの分泌を

取り戻す効果についての研究も進められています。

 

そのことからも、「炭水化物」を「たんぱく質」に

置き換えるだけでも、効果があると考えられます。

 

知られざる有効成分「ビオチン」

 

また、「ビオチン」という栄養素にも

インスリンの分泌を助ける働きがありまあす。

 

ビオチンとは、ビタミンB群の中の「ビタミンB7」と呼ばれる栄養素であり

腸内で生成される、特殊な栄養素でもあります。

 

通常の食生活を送っていれば、不足することはありませんが

食事制限などを始めている場合、不足していることも考えられます。

 

腸内で生成することから、腸内環境も重要な要素であり

乳酸菌を含む食材を意識して摂取しましょう。

 

このように、「糖質・炭水化物を減らす」というような

単純な食事療法ではなく、知識を取り入れて
効果的な献立・メニューを、工夫していくことがまずは大切です。

 

「食事の質」とはメニューだけではない

ただし血糖値を上げる食品を避け、血糖値を下げる食品を取り入れていたとしても

効率よく実践しなければなかなか改善はしていきません。

 

糖尿病治療・予防の際の食事は、食べるタイミングや順番も大切だと言われています。

 

食事療法を実践する際に大切なことを紹介します。

 

空腹を避ける

 

空腹の状態では、どうしても一度に大量に食べがちです。

 

一気に大量に摂取することによって、インスリンも大量に必要になります。

 

また、空腹時は吸収されるエネルギーの量も増えてしまします。

 

時間をかける

 

食べることが早いとどうしても大量に食べてしまいがちです。

 

緩やかに血糖値を上昇させるためにも、ゆっくり時間をかけましょう。

 

また、ゆっくり良く噛んで食べることにより

インスリンが分泌しやすくなることも分かっています。

 

食べる順番を工夫する

 

食べる順番によって血糖値の上がり方が違ってくることも分かっています。

 

基本的には、エネルギーが低い順に食べることがいいとされていています。

 

血糖値を上げにくいものから順に食べるようにしましょう。

 

最初の一歩は糖質制限

 

なんだかんだと言っても、食事療法の一番最初のステップは

糖質と炭水化物の制限になります。

 

炭水化物は、「食べた感」も出してくれる食材のため

もともと食べる量が多い人は欲求不満になりがちです。

 

糖尿病治療は、どうしても食事制限の縛りが多くなります。

 

その中でもできるだけ食事を楽しめるよう

バランスやタイミング等を考え、ストレスが軽減できるよう

献立やなどのレパートリーを増やしていきましょう。